Tempota Blog

毎週火・木・土曜日の夜に雑穀料理のレシピを紹介しています

【保存版】雑穀の完全ガイド【徹底解説】
【まとめ】雑穀料理のレシピ【随時更新】
【初心者向け】中長期投資の完全ガイド【株式投資】

【自己満足】株式投資に高性能なパソコンは一切不要です【オンボロでもOK】

f:id:tempota:20190524102335j:plain

多くの人が勘違いしていますが、株式投資は古いパソコンでも十分取引できます。あと、ハイスペックなパソコンを用意しても、株式投資で成功するとは限らないので、そのお金を運用に回した方が、よっぽど効率的です。今回の記事では、そのあたりの内容を深掘りしています。

 

 

形から入るのは、単なる自己満です

f:id:tempota:20190524102337j:plain

 

人は環境に左右されやすい生き物なので、成功者の真似をすることは決して悪い方法ではありません。ただ、多くの人がまず形から入ろうとします。正直言って、これはよい結果に結び付かない行為の典型で、単なる自己満足に過ぎません。

 

株式投資に高性能パソコンは不要

②最低限必要なパソコン環境

③古いパソコンを使う時の注意点

 

そこで今回は、無駄な遠回りを避けるために、上記の3点について解説していきます。特に、株式投資初心者の方に読んでいただけると嬉しいです。

 

株式投資に高性能なパソコンが不要なワケ

f:id:tempota:20190524102336j:plain

 

株式投資に高性能なパソコンが不要なワケは、以下の3点になります。

 

◎取引ツールの使用感とパソコンの性能は無関係

◎パソコンにお金をかけても投資で成功はしない

◎パソコンを複数台用意するのは無駄の極み

 

長い間株式投資をやっているので、僕にもパソコンにお金をかける時代は、もちろんありました。でも、高性能なパソコンを使ってパフォーマンスが上がったという試しは、ハッキリ言って一度もないです。トレードを「やってる感」が満たされるだけでした。

 

取引ツールの使用感はパソコンの性能に左右されない

 

結論から言うと、取引ツールはパソコンのスペックをほとんど使わないので、パソコンは何でもOKです。ネット上で株式投資におすすめのパソコンを調べてみると、かなりハイスペックなものを紹介しているパターンが多いですが、その大半が間違った情報だと思っておいてください。

 

高性能なパソコンと株式投資の成功は無関係

 

「弘法筆を選ばず」ということわざにもあるように、自分で掲げた目標を達成するためには、「優れた道具」よりも「スキルの向上」にお金と時間をかけることが必須です。これは、株式投資の世界でも同じようなことが言えます。

 

パソコンを複数台用意するのは無駄の極み

 

株式投資をしている人の多くが、参入障壁の低いデイトレから入るパターンだと思います。僕も周りにも、デイトレなどの短期売買にチャレンジしている人は結構いますが、こぞってパソコンを複数台用意し始めます。また、その理由を聞くと、だいたいこんな答えが返ってきます。

 

パソコンが故障した時のため

パフォーマンスを上げるため

 

僕の経験上、パソコンを増やしても株式投資のパフォーマンスは上がりませんし、取引中にパソコンが故障するなんてことは、まず無いですよ。あと、今はスマホからも発注できるので、本当に無駄の極みです。

 

株式投資で最低限必要なパソコン環境

f:id:tempota:20190524102333j:plain

 

①OSはWindows一択

②パソコン選びはコスパ重視

③余裕があれば、デュアルディスプレイ

 

株式投資で最低限必要なパソコン環境は、上記の3点です。個人的に、①と②は必須だと考えていますが、③の場合は株式投資のスタイルによって不要なケースもあります。

 

OSはWindows一択です

 

各証券会社が提供している取引ツールは、Macに対応していないパターンが結構多いです。なので、株式投資をする時は、OSは必ずWindowsを選ぶようにしましょう。

 

パソコンのスペックはコスパ重視

 

さきほども解説しましたが、取引ツールの使用感はパソコンのスペックに左右されないので、コスパ重視でパソコンを選びましょう。10万円以下のパソコンでもOKです。ちなみに、僕の場合はDellのパソコンを使っていますが、今はコスパの良いパソコンが結構あるようなので、2台ほど紹介しておきます。良かったら、参考にしてください。

 

www.dospara.co.jp

www.lenovo.com

 

余裕があれば、デュアルディスプレイにしましょう

 

短期売買をしている方にとっては、必要になってくるかもしれません。特に、デイトレは常に複数の銘柄を監視し続けることがパフォーマンスに直結しやすいので、余裕があれば、モニターを2台用意しておくと便利です。一方、中長期投資などの場合は、ノートパソコン1台でも十分取引ができるので、デュアルディスプレイは不要です。

 

オンボロPCで株式投資を始める時の注意点

f:id:tempota:20190524102338j:plain

 

最後に、古いパソコンで株式投資を始める時の注意点を、簡単に説明して終わりにしようと思います。

 

取引ツールの動作推奨環境を確認する

 

取引ツールの動作推奨環境は、各証券会社によって変わってくるので、事前にチェックしておくことをおすすめします。ちなみに、僕はマネックストレーダーというツールを使って株式投資をしていますが、動作環境はこのような感じです。

 

f:id:tempota:20190524122942j:plain

 

ネット回線は有線がおすすめ

 

冒頭にも述べましたが、株式投資に高性能のパソコンは一切不要です。ただ、ネット回線は有線にしてください。無線の場合だと、ルーターからの距離が遠ければ遠いほど回線状況が不安定になるので、何かと不便です。

 

パソコンにかけるお金を、株式投資にまわそう

f:id:tempota:20190524102334j:plain

今回は、株式投資にハイスペックなパソコンが要らない理由や、最低限用意しておいた方が良いパソコン環境などについて解説してきました。株式投資の成功と高性能パソコンは全く無関係です。なので、パソコンにかけるお金を株式投資に回して、収益アップに繋げましょう。最後までお付き合いしていただき、ありがとうございました。