【初心者向け】中長期投資の完全ガイド【株式投資】
【まとめ】中長期投資の銘柄選び【随時更新】
タイトルのテキスト
【まとめ】雑穀料理のレシピ【随時更新】

【最有力候補】動画編集の求人が徐々に増え始めているという話【在宅ワーク】

f:id:tempota:20190430173810j:plain

Youtubeというメディアの台頭によって、動画編集の求人も徐々に増え始めています。これは、在宅ワークでお金を稼いでいる人にとっても、さらなる収入アップのチャンスです。そこで今回は、動画編集の求人事情や、最速で仕事を始めるコツについて解説していきます。

 

 

動画編集は時代の波乗りに欠かせない仕事になる

f:id:tempota:20190430173811j:plain

 

今年のGWも、残りあと2日となりましたが、僕はいつも通りのルーティンを刻んでいます。時代の波は待ってくれません。今は、目標達成に全ての時間を捧げる時期です。

 

 

大手クラウドソーシングサイトを見てると、徐々に動画編集の求人が増えてきています。また、5年後には動画広告市場の規模が今よりも3倍ほど拡大するらしいので、これからは動画編集のスキルとブログ運営を上手く繋げることができれば、収入の幅も劇的に変わってくると思います。

 

今回の記事では、動画編集の求人事情をメインに紹介しているので、動画編集の仕事をしてみたいという方は、是非ご覧になってください。

 

動画編集の求人が増え始めているワケ

f:id:tempota:20190430173812j:plain

 

動画編集の求人が増え始めている理由は、下記の3点です。

 

◎5Gサービスの開始が近い

◎Youtuberという新しいビジネスモデルの台頭

◎動画配信者の多くが外注に頼っている

 

消費者や市場のニーズは、常に移り変わっています。特に、インターネットを媒体としたジャンルは、流行り廃りのリズムが早く、フットワークを軽くしておかないと、あっという間に時代に乗り遅れてしまいます。

 

5Gサービスの開始が近い

 

5Gという通信技術が本格的に導入されると、移動通信の速度は今とは比べ物にならないほど超高速化します。また、それによって2024年には、動画広告市場の規模が5000億円にまで膨れ上がるとも言われています。

 

Youtuberという新しいビジネスモデルの台頭

 

Youtuberという存在が世間で注目を浴びていることも、動画編集の求人件数増加に拍車をかけています。また、Youtuberとして活動している人は数百万人いるとも言われており、近年では、それをビジネスチャンスとして捉えている企業が、続々とYoutube業界に参入するといった動きも見られます。

 

動画配信者の多くが外注に頼っている

 

動画配信という仕事は、「毎日動画を投稿する」ことが有利だと言われているため、動画の撮影から編集までの全てを自分でやるのは、かなり効率が悪いです。なので、動画配信者の多くが、外部に動画編集を依頼しています。

 

手っ取り早く仕事を始める方法

f:id:tempota:20190430173813j:plain

 

動画編集の仕事に限らず、何をするにしても「思い立ったが吉日」です。絶好のチャンスだと感じたら、とにかく行動を起こしましょう。また、手っ取り早く仕事を始める方法は、下記の3点です。

 

方法①クラウドソーシングサイトへの登録

方法②クラウドワークスかランサーズの2択

方法③動画編集の勉強と求人応募を同時に行う

 

どんなジャンルでも同じことが言えますが、ニーズ拡大の黎明期は、スキルの高さがあまり重要視されないといった特徴があります。動画編集の求人内容を見ても、今がまさにそのタイミングだと思います。

 

クラウドソーシングサイトへの登録がベスト

 

動画編集の仕事は、パソコンがあればどこでもできます。なので、まずはクラウドソーシングサイトに登録して、いつでも在宅ワークができる準備を整えておくことをおすすめします。

 

クラウドワークスかランサーズの2択です

 

現在ではたくさんのクラウドソーシングサイトがありますが、求人件数の豊富さはクラウドワークスランサーズの2社が群を抜いています。また、求人件数の量が多いと、自分の生活スタイルに合った働き方を自由に選ぶこともできるので、最初のうちは大手サイトを活用していきましょう。

 

勉強と求人応募を同時に行う

 

動画編集の仕事を手っ取り早く始めるコツは、勉強と求人応募の同時進行です。とにかく、時間の効率化を図って、誰よりも早く、数多くの業務を経験することが最重要ポイントです。

 

経験重視が成功への最短ルート

f:id:tempota:20190430173814j:plain

 

動画編集の勉強を始めてまだ間もないですが、色々と情報収集をしていく中で、下記のようなことに気付きました。

 

◎勉強期間は2~3ヶ月でOK

◎動画編集はお金を稼ぎながらスキルが上がる仕事

 

ハッキリ言って、僕は経験主義です。机上で知識を学ぶよりも、実際の現場でたくさん経験を積んだ方が、効率良くスキルアップができると思っています。なので、ある程度の基礎知識を身に付けたら、速攻で仕事を始めるようにしてます。

 

勉強期間は2~3ヶ月あれば十分

 

プログラミングなどと違って、動画編集の仕事は高レベルな専門的知識を求められるケースが少ないようです。特に、Youtube向けの動画編集を中心に仕事をする場合は、最低限のスキルでも十分に仕事を請け負うことができます。

 

ただ、動画編集ソフトの使い方を身に付けるには、それ相応の時間を費やす必要があるので、楽して稼げるというわけではありません。なので、最低でも2~3ヶ月は、動画編集の勉強を毎日続けた方が良いと思います。

 

お金を稼ぎながらスキルが上がる仕事

 

「動画編集=お金を稼ぎながらスキルが上がる仕事」という点にも、大きな魅力を感じました。また、大手クラウドソーシングサイトの求人内容を見ていると、動画編集1本あたりの平均単価が3000~5000円とかなり割が良い状況なので、近い将来、在宅ワークの最有力候補のひとつになると考えています。

 

もちろん、現段階では他ジャンルの求人に比べると、その件数は決して多いとは言えません。ただ、今のうちに動画編集の仕事を始めておけば、早い段階で月5~10万円ほど稼ぐこともできそうなので、これからも僕は、自分の目標のためにも動画編集の勉強を継続していきます。

 

臆することなく行動を起こしましょう

f:id:tempota:20190430173815j:plain

動画編集の波は、着実に大きくなってきています。なので、その流れに乗り遅れないように、臆することなくどんどん行動を起こしていきましょう。

 

今回の記事では、動画編集の求人事情や、最短で動画編集の仕事を始めるコツについて解説してきました。少しでもみなさんの力になれたら幸いです。最後までお付き合いしていただき、ありがとうございました。