【保存版】雑穀の完全ガイド【徹底解説】
【まとめ】雑穀料理のレシピ【随時更新】
【初心者向け】中長期投資の完全ガイド【株式投資】

【最適解】動画編集で手っ取り早くお金を稼ぐ方法【Youtube向けに特化】

f:id:tempota:20190523095325j:plain

Youtube向けの動画編集の勉強を始めて約3週間が経ちました。稼ぎに繋がるプランも具体的に立てることができたので、最近はさらに急ピッチで勉強を進めています。そこで今回は、Youtube向けの動画編集に特化した方が良い理由などについてまとめていきます。

 

 

動画広告市場は、Youtubeがほぼ一強状態

f:id:tempota:20190523095321j:plain

 

最近は、ライティングの仕事と並行してブログ運営や動画編集の勉強をしているので、1日10時間以上の労働が日課となっています。ただ、その甲斐もあって、動画編集で稼いでいく算段もつきました。

 

Youtube向けに特化する

◎動画編集で手っ取り早く稼ぐ方法

◎動画編集代行の旬は2~3年間

 

今回の記事では、上記3点の内容について大まかに解説していきます。これから動画編集の勉強を始める方や、副業で会社員並みの収入を目指している方は、是非ご覧になってください。

 

Youtube向けに特化した方が良い理由

f:id:tempota:20190523095322j:plain

 

Youtube向けの動画編集に特化した方が良い理由は、以下の3点になります。

 

◎市場規模の拡大スピードが尋常じゃない

◎高レベルの動画編集スキルが不要

◎外注依頼が増えつつある

 

今の動画広告市場は、Youtubeがほぼ一強状態です。また、最近では多くの芸能人もYoutube業界に参戦し始めているので、市場規模はさらなる広がりを見せています。個人的に、かなり狙い目だと思っているので、僕は急ピッチで勉強を進めている最中です。

 

市場規模の拡大スピードが尋常じゃない

 

もともとYoutube市場は、アメリカで著しい成長を見せていましたが、ここ数年だけで言うと、日本国内の拡大スピードは海外諸国を大きく上回っています。また、5Gの時代が到来すると、さらに爆発的な伸びを見せるとも言われているので、動画編集の仕事でガッツリ稼げるチャンスは、今しかないと思います。

 

高レベルの動画編集スキルが不要

 

これはどのジャンルでも言えることですが、黎明期はニーズに合った人材が常に不足している状態なので、スキルの高さがそこまで求められないという特徴があります。今の動画編集が、まさにそれです。あと、実際に投稿されている動画を見ても、高レベルの動画編集スキルを使ったものは、ハッキリ言って少ないです。

 

外注依頼が増えつつある

 

動画編集の勉強をしていて分かったのは、「スキル習得は難しくないけど、作業自体が結構地味で単調」ってことです。動画編集の外注依頼が増え始めている理由も、これが大きいと思います。

 

動画編集で手っ取り早くお金を稼ぐ手順

f:id:tempota:20190523095324j:plain

 

手順①必要最低限を準備をする

手順②ひたすら経験を積む

手順③自分の動画作品を紹介して単価を上げる

 

ここからは、動画編集で手っ取り早くお金を稼ぐ手順について、簡単に説明していこうと思います。上記の3点が大まかな流れですが、勉強中である僕の算段なので、それを踏まえたうえで参考にしてみてください。

 

必要最低限の準備をしておく

 

動画編集の勉強を始めるにあたって、これだけは最低限用意しておいた方が良いというものがあります。それは「ソフト」と「勉強できるサイト」です。正直言って、パソコンにはそこまでお金をかけなくても作業できるので、多少古くても問題ないと思います。

 

あと、無料の動画編集ソフトでもプロ級の作業ができたりするので、あえて有料版を選ぶ必要もないです。ちなみに、おすすめの無料ソフトは「AviUtl」か「Avidemux」の2つですが、汎用性を考えるとAviUtlが良いです。

 

がむしゃらに経験を積み重ねる

 

3ヶ月ほど動画編集の勉強をすれば、Youtube向けの編集代行はできるようになるらしいので、サクッと勉強を済ませたら、あとはひたすら経験を積んでいきましょう。ただ、いきなり高単価の案件は厳しいので、最初はクラウドソーシングで1本あたり3000~5000円ほどの仕事を選んでいった方が無難です。

 

自分の動画作品を世に広める

 

ある程度の経験を積み重ねたあとは、自分が担当した動画や、個人活動で制作した動画をアピールポイントにして質の高いポートフォリオを作っていけば、単価は飛躍的にアップします。実際、僕がWebライターとしての収入を上げる時もこの方法が大活躍したので、動画編集の仕事でも十分に活かせると思います。

 

基本ヌルゲーだけど、油断は禁物です

f:id:tempota:20190523095326j:plain

 

動画編集の仕事は、おそらく今ならYoutuberになるよりも稼げる可能性が高いです。ただ、個人的に気になっているポイントが1つだけあるので、最後にその内容を解説して終わりにしようと思います。

 

 動画編集の自動化が進めば、需要もなくなる

 

furuya-movie.com

 

記事の冒頭で「動画編集代行の旬は2~3年間」と述べた理由はコレです。でも、動画編集を生業にしている人達を駆逐するレベルになるまでには、まだ数年かかると思うので、早く始めるに越したことはありません。

 

どんな仕事も、早く始めたもん勝ちです

f:id:tempota:20190523095323j:plain

今回は、Youtube向けの動画編集で、手っ取り早くお金を稼ぐ方法について解説してきました。どんな仕事も早く始めたもん勝ちです。チャンスを見つけたら、いの一番に行動を起こしましょう。最後までお付き合いしていただき、ありがとうございました。