Tempota Blog

毎週火・木・土曜日の夜8時に雑穀料理のレシピを紹介しています

【雑穀料理】イタリア発祥の伝統菓子!食べ始めると止まらないビスコッティの作り方・レシピ【はったい粉】

f:id:tempota:20200303161308j:plain

ビスコッティはイタリアで誕生した伝統菓子のひとつで、コーヒーやワインなどと一緒に食べるお菓子としても親しまれています。独特の硬さとカリカリ食感が大きな魅力ですが、今回は素朴な甘みと芳ばしさのある「はったい粉」を使って雑穀料理風にアレンジしてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

材料と分量

f:id:tempota:20200303161337j:plain

 

材料と分量(4~5人分)

◎薄力粉 250g

はったい粉 50g

◎アーモンドミルク 150~180cc

◎菜種油 20g

◎きび砂糖 100g

◎アーモンドスライス 40g

◎ベーキングパウダー 小さじ1

ラム酒 小さじ1

 

www.tempotablog.work

www.tempotablog.work

www.tempotablog.work

 

レシピ①生地を作る

f:id:tempota:20200303161220j:plain

 

まず最初に全ての材料をボウルの中に入れて、しっかり混ぜ合わせます。アーモンドスライスの代わりに100均で販売されているクルミカシューナッツなどを使ってもOKです。

 

f:id:tempota:20200303161234j:plain

 

生地をまとめたら打ち粉をして手で成形(長方形)します。厚さは1cmくらいがおすすめです。

 

レシピ②カリカリに焼く

f:id:tempota:20200303161247j:plain

 

予熱した180℃のオーブントースターで約20分焼きます。焼き上がったら粗熱をとって、1~1.5cmくらいの厚さにカットします。

 

f:id:tempota:20200303161300j:plain

 

カットした生地を180℃のオーブントースターでもう一度20分くらい焼きます。ビスコッティをひっくり返してさらに160~180℃で20分ほど焼くと、カリカリのビスコッティに仕上がります。

 

お皿に盛り付けたら完成!

f:id:tempota:20200303161324j:plain

常温で冷ましてお皿に盛り付けたら、食べ始めると止まらないビスコッティの完成です。カリカリ食感とはったい粉の芳ばしさがクセになります。コーヒーやカフェオレにぴったりの雑穀スイーツです。ぜひ一度作ってみてください。

 

www.tempotablog.work

www.tempotablog.work