Tempota Blog

毎週火・木・土曜日の夜8時に雑穀料理のレシピを紹介しています

【雑穀料理】簡単なのに本格的!野菜たっぷりボロネーゼの作り方・レシピ【高キビ】

f:id:tempota:20200331014450j:plain

イタリア発祥のボロネーゼは、日本でも人気の高いパスタのひとつです。昔はそのまま食べることも多かったそうですが、現在ではパスタソースとしての使い方が一般的となっています。今回はひき肉のような食感と旨みが味わえる「高キビ」を使って、野菜たっぷりボロネーゼを作ってみました。自宅で本格的なイタリアンが味わえる雑穀料理です。簡単で分かりやすいレシピなので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

具材と分量

f:id:tempota:20200331014507j:plain

 

具材と分量(2人分)

◎パスタ 200g

◎高キビ 80g

◎米なす 1/2本

◎玉ねぎ 1/2個

◎にんじん 1/2個

◎オリーブ油 大さじ1

◎パスタの茹で汁 大さじ1

◎きび砂糖 小さじ1

◎塩 少々

◎黒こしょう 少々

◎ケチャップ 大さじ5

ウスターソース 大さじ1

◎顆粒コンソメ 小さじ1/2

◎乾燥パセリ お好み

 

www.tempotablog.work

www.tempotablog.work

www.tempotablog.work

 

レシピ①具材の下ごしらえ

f:id:tempota:20200331014354j:plain

 

まず最初に米なすを1cm幅の角切りにして、にんじんと玉ねぎは粗みじんに切ります。その間にパスタを表記時間通り茹でます。パスタの茹で汁はソースとパスタを絡める時に使うので、捨てずにとっておきましょう。

 

f:id:tempota:20200331014404j:plain

 

次にオリーブ油を熱したお鍋の中に炊いた高キビを入れて、中火で軽く炒めます。

 

f:id:tempota:20200331014410j:plain

 

カットした野菜を加えて、弱~中火でさらに炒めます。

 

f:id:tempota:20200331014419j:plain

 

野菜の色が変わってしんなりするまで炒めるのがポイントです。

 

レシピ②調味してパスタに絡める

f:id:tempota:20200331014432j:plain

 

炒めた具材にきび砂糖・塩こしょう・ケチャップ・ウスターソース・顆粒コンソメを加えて混ぜ、3分ほど弱~中火で炒めます。きび砂糖やウスターソースなどを加えることで、普通のボロネーゼよりも少し甘めの仕上がりになっています。

 

f:id:tempota:20200331014442j:plain

 

最後にパスタと茹で汁を加えて混ぜ合わせます。

 

乾燥パセリをかけたら完成!

f:id:tempota:20200331014459j:plain

乾燥パセリをかけてお皿に盛り付けたら、野菜たっぷりボロネーゼの完成です。高キビの旨みと野菜の甘みが楽しめます。高キビ独特の苦味が全くないので、雑穀が苦手な方にもおすすめの一品です。ソースを作り置きしておけばパスタを茹でるだけで良いので、時短にも一役買います。簡単なのに本格的なイタリアンが味わえる雑穀料理を、みなさんもぜひ作ってみてください。

 

www.tempotablog.work

www.tempotablog.work