Tempota Blog

毎週火・木・土曜日にブログを更新しています

【保存版】雑穀の完全ガイド【徹底解説】
【まとめ】雑穀料理のレシピ【随時更新】
【初心者向け】中長期投資の完全ガイド【株式投資】

【雑穀料理】凍り豆腐を使ったとんかつの作り方【レシピ】

f:id:tempota:20190708113257j:plain

お肉の代わりとしてもよく使われる凍り豆腐は、ダイエット中の方にもおすすめの食材です。値段が手頃なうえにとても栄養豊富なので、雑穀料理の即戦力といっても過言ではありません。そこで今回は、凍り豆腐を使ったとんかつの作り方を紹介していきます。レシピのレパートリーを増やしたい方も、是非参考にしてください。

 

 

食べごたえ満点の節約料理です

f:id:tempota:20190708113309j:plain

 

高野豆腐という名前で親しまれている凍り豆腐は、日本人に不足しがちなタンパク質・カルシウム・鉄分などの栄養素を多く含んでいる食材です。いろいろな料理と合わせやすく値段もお手頃なので、今回は食べごたえ満点のとんかつを作ってみました。

 

www.tempotablog.work

 

具材と分量

f:id:tempota:20190708113115j:plain

 

凍り豆腐を使ったとんかつの具材や分量をまとめると、このような感じになります。

 

具材と分量(1人前)

◎凍り豆腐 3枚

◎薄力粉 50g

◎水 100cc

◎パン粉 適量

◎ごま油 適量

◎塩 少々

◎バジル 少々

 

今回は薄力粉を使いましたが、強力粉の方がカラッとした衣に仕上げることができるので、自分の好みに合わせて変えていってもOKです。

 

レシピ①凍り豆腐に衣をつける

f:id:tempota:20190708113123j:plain

 

まずは薄力粉50gと水100ccを合わせて、ダマになくなるまでよく混ぜます。

 

f:id:tempota:20190708113130j:plain

 

熱湯かぬるま湯で戻した凍り豆腐を入れて、全体に水溶き薄力粉をつけます。

 

f:id:tempota:20190708113139j:plain

 

パン粉を手で押さえながら、凍り豆腐の端までしっかりとつけるようにしましょう。パン粉が満遍なくついていないと、揚げている時に衣がはがれてしまうので注意してください。

 

レシピ②サクサクの衣に仕上げる

f:id:tempota:20190708113151j:plain

 

フライパンにごま油を入れて、150~160度くらいまで温めます。少ない油でヘルシーに仕上げていきましょう。

 

f:id:tempota:20190708113204j:plain

 

少し揚げ色がついたら、凍り豆腐を裏返します。

 

f:id:tempota:20190708113218j:plain

 

中火で両面がきつね色になるまで揚げ焼きします。少ない油で揚げる時は、低温の方が綺麗に仕上がるのでおすすめです。

 

レシピ③キャベツを添えたら完成!

f:id:tempota:20190708113233j:plain

 

サクサクに揚げたらクッキングペーパーで余分な油を切って、お皿に盛り付けます。

 

f:id:tempota:20190708113246j:plain

 

キャベツを添えてバジルと塩を少しかけたら、凍り豆腐を使ったとんかつの完成です。

 

雑穀のちょっとした豆知識

f:id:tempota:20190708113331j:plain

今回は、キヌアと白梅酢で作った雑穀ドレッシングをかけて食べましたが、市販されているソースなどを使っても美味しいです。また、凍り豆腐は吸水性が高いので、揚げる前にしっかりと絞って水気を取るようにしましょう。最後までお付き合いしていただき、ありがとうございました。

 

www.tempotablog.work