Tempota Blog

毎週火・木・土曜日にブログを更新しています

【保存版】雑穀の完全ガイド【徹底解説】
【まとめ】雑穀料理のレシピ【随時更新】
【初心者向け】中長期投資の完全ガイド【株式投資】

【雑穀料理】キヌアと大葉を使った冷製ジェノベーゼパスタの作り方・レシピ【お手軽イタリアン】

f:id:tempota:20190813180940j:plain

今回の記事では、キヌアと大葉を使った冷製ジェノベーゼパスタの作り方を紹介していきます。夏の暑い時期はどうしても食欲がなくなりがちです。そんな時は栄養満点のキヌアと冷たいパスタを食べて、心もお腹も満たしてあげましょう。

 

 

具材と分量

f:id:tempota:20190813180907j:plain

 

キヌアと大葉を使った冷製ジェノベーゼパスタの具材と分量をまとめると、このような感じになります。

 

具材と分量(1人前)

◎キヌア 20g

◎大葉 60枚

クルミ 20g

◎オリーブ油 150~180cc

◎塩コショウ 適量

◎パスタ 100g

◎粉チーズ お好み

 

今回はパスタソースということで、塩コショウの分量をいつもより少し多めにしました。風味付けにクルミを使いましたが、ピスタチオなどでもOKです。

 

レシピ①ミキサーにかける

f:id:tempota:20190813180719j:plain

 

まず最初にオリーブ油、クルミ、塩コショウをミキサーにかけます。

 

f:id:tempota:20190813180732j:plain

 

全体がよく混ざったら、大葉を加えて再度ミキサーにかけます。大葉の量が多いので、3回に分けて混ぜ合わせるようにしましょう。

 

f:id:tempota:20190813180742j:plain

 

綺麗に混ざったら、パスタソースをボウルに移しておきます。

 

レシピ②キヌアを加える

f:id:tempota:20190813180751j:plain

 

炊いておいたキヌア20gをパスタソースに加えます。キヌアの美味しい炊き方については、下記のリンクを参考にしてみてください。

 

www.tempotablog.work

 

f:id:tempota:20190813180804j:plain

 

パスタソースにキヌアを入れて、よく混ぜ合わせます。味が薄い場合は塩コショウを足してもOKです。

 

f:id:tempota:20190813180816j:plain

 

これで風味豊かなジェノベーゼソースの完成です。

 

レシピ③パスタに絡める

f:id:tempota:20190813180836j:plain

 

パスタ100gを3~4分ほど茹でます。少し固めになるまで茹でるのがポイントです。

 

f:id:tempota:20190813180847j:plain

 

パスタが茹で上がったら、冷水にとって少しだけ冷やしておきます。その後に、冷やしたパスタとジェノベーゼソースをボウルに入れて絡めます。

 

f:id:tempota:20190813180927j:plain

 

お皿に盛り付けて粉チーズを少しかけたら、キヌアと大葉を使った冷製ジェノベーゼパスタの完成です。大葉の香りとキヌアのプチプチ食感がたまらない一品となりました。

 

パスタソースの保存方法

f:id:tempota:20190813180826j:plain

鮮度と美味しさを長持ちさせるには、ビン詰めにして冷蔵庫で保管するのがおすすめです。オリーブ油で表面を覆えば1週間は保存可能なので、作り置きにもぴったりです。とても簡単に作ることができるので、是非一度お試しください。

 

www.tempotablog.work