Tempota Blog

毎週火・木・土曜日の夜8時に雑穀料理のレシピを紹介しています

【保存版】雑穀の完全ガイド【徹底解説】
【まとめ】雑穀料理のレシピ【随時更新】
【初心者向け】中長期投資の完全ガイド【株式投資】

【雑穀料理】何度でも作りたい定番スイーツ!ヒエ粉を使ったカスタードプリンの作り方・レシピ【懐かしの味】

f:id:tempota:20190917160555j:plain

今回は、ヒエ粉を使ったカスタードプリンの作り方を紹介していきます。普通のプリンよりも砂糖少なめですが塩を入れて甘みを引き立てているので、口いっぱいにプリンの美味しさが広がる一品です。是非参考にしてみてください。

 

 

材料と分量

f:id:tempota:20190917160608j:plain

 

材料と分量(2個分)

■カラメル■

◎水 大さじ1

◎きび砂糖 30g

◎ぬるま湯 大さじ1

■カスタードクリーム■

◎ヒエ粉 20g

◎アーモンドミルク 250g

◎砂糖 20g

◎塩 ひとつまみ

◎バニラエッセンス 2~3滴

◎粉ゼラチン 5g

◎水 大さじ2

 

www.tempotablog.work

 

レシピ①カラメルを作る

f:id:tempota:20190917161101j:plain

 

まず最初に水ときび砂糖をお鍋の中に入れて、中火で加熱します。

 

f:id:tempota:20190917161129j:plain

 

フツフツと煮立ってきたら火を止めて、ぬるま湯を入れます。カラメルが飛ぶので、ぬるま湯を入れたら蓋をするようにしましょう。

 

f:id:tempota:20190917161146j:plain

 

熱いうちに容器に入れます。これでカラメルは完成です。

 

レシピ②カスタードクリームを作る

f:id:tempota:20190917161216j:plain

 

カラメルを作ったお鍋の中に、ヒエ粉と砂糖を入れます。そして少しずつアーモンドミルクを加えて、ダマにならないようによく混ぜ合わせます。

 

f:id:tempota:20190917161225j:plain

 

綺麗に混ざったら、少しとろみが出るまで中火で温めます。焦げ付かないように注意してください。

 

f:id:tempota:20190917161232j:plain

 

少しとろみがついたらバニラエッセンスと塩を加えて、軽く混ぜます。塩を入れることで、プリンの甘みをさらに引き立てることができます。

 

f:id:tempota:20190917161241j:plain

 

このカスタードクリームはシュークリーム作りでも使えます。とても簡単なので、是非一度作ってみてください。

 

f:id:tempota:20190917161248j:plain

 

ザルなどで漉したカスタードクリームをボウルに移したら、粉ゼラチンを加えてよく混ぜます。粉ゼラチンを使うときは、水に溶かしてから電子レンジ500~600Wで15秒ほど加熱して液状にするのがおすすめです。

 

レシピ③冷蔵庫で冷やす

f:id:tempota:20190917161301j:plain

 

カスタードクリームを容器に入れて、冷蔵庫で2時間ほど冷やします。

 

f:id:tempota:20190917160622j:plain

 

冷やし固めたプリンを容器から外します。プリンの縁をスプーンなどで押さえて、容器とくっついた部分を外すのがポイントです。

 

f:id:tempota:20190917160634j:plain

 

くっついた部分を外したら、プリンを逆さまにしてお皿の上に置きます。そして回すようにして振ると、プリンが容器から外れます。

 

f:id:tempota:20190917160601j:plain

 

お皿に盛り付けたら、ヒエ粉を使ったカスタードプリンの完成です。通常よりも砂糖の量は少なめですが、塩がプリンの甘みを引き立ててくれるので口いっぱいにプリンの美味しさが広がります。是非一度お試しください。

 

パソコンとカメラの調子が悪いです

f:id:tempota:20190917160547j:plain

最近、パソコンとカメラの調子があまり良くありません。特にカメラは露出調整が上手くいかず、本記事の写真を撮っている時も画質が不安定になってしまいました。パソコンが故障したらブログ運営にも影響が出てくるので、なるべく早く買い替えようと思っています。

 

www.tempotablog.work