Tempota Blog

毎週火・木・土曜日の夜8時に雑穀料理のレシピを紹介しています

【保存版】雑穀の完全ガイド【徹底解説】
【まとめ】雑穀料理のレシピ【随時更新】
【初心者向け】中長期投資の完全ガイド【株式投資】

【雑穀料理】りんごたっぷり!ヒエ粉と米粉を使ったタルトタタンの作り方・レシピ【ヴィーガンスイーツ】

f:id:tempota:20190919145134j:plain

今回は、ヒエ粉と米粉を使ったタルトタタンの作り方を紹介していきます。りんごの甘酸っぱさと果肉の食感がたまらない一品です。動物性食品も一切使っていないので、雑穀スイーツに興味のある方やこれからヴィーガン生活を始める方は是非参考にしてみてください。

 

 

材料と分量

f:id:tempota:20190919145117j:plain

 

材料と分量(15cm丸型)

◎りんご 3個(600g)

◎きび砂糖 60g

◎水 50cc

◎オリーブ油 15g

◎塩 ひとつまみ

◎葛粉 適量

■生地■

◎ヒエ粉 75g

米粉 75g

◎オリーブ油 大さじ3

◎アーモンドミルク 100cc

 

www.tempotablog.work

www.tempotablog.work

 

レシピ①材料の下準備

f:id:tempota:20190919145039j:plain

 

まず最初にきび砂糖と水をお鍋の中に入れて、中火で加熱します。

 

f:id:tempota:20190919145050j:plain

 

煮立ってきたら弱火にします。そして塩とオリーブ油を加えて、よく混ぜ合わせます。

 

f:id:tempota:20190919144928j:plain

 

綺麗に混ざったら4等分したりんごを入れて、30分ほど加熱します。焦げ付かないように時々混ぜるのがポイントです。

 

f:id:tempota:20190919144941j:plain

 

りんご全体が色付いてきたら水で溶いた葛粉を加えて、さらに30分煮ます。

 

f:id:tempota:20190919144948j:plain

 

十分にとろみがついたら火を止めて、少しだけ冷まします。りんごをしっかり固めたい場合は葛粉の分量を増やしてもOKです。

 

レシピ②生地を作る

f:id:tempota:20190919145002j:plain

 

ボウルの中にヒエ粉・米粉・オリーブ油を入れて、指先で擦るように混ぜます。

 

f:id:tempota:20190919145009j:plain

 

粉がポロポロになってきたらアーモンドミルクを少しずつ加えて、ひとまとめにします。

 

f:id:tempota:20190919145015j:plain

 

生地を型の大きさと同じくらいに広げて、小さい穴を数ヶ所に空けておきます。今回は生地を薄くしましたが、少し厚めの方が焼きやすいと思います。

 

レシピ③型に入れて焼く

f:id:tempota:20190919144954j:plain

 

型の中にりんごを並べます。残ったカラメルも入れるようにしましょう。

 

f:id:tempota:20190919145021j:plain

 

生地をりんごの上にのせたら、200℃のオーブンで20分ほど焼きます。

 

f:id:tempota:20190919145029j:plain

 

焼き上がったら粗熱を取ります。時間に余裕がある場合は、冷蔵庫で一晩冷やしておくのがおすすめです。

 

f:id:tempota:20190919145057j:plain

 

お皿に盛り付けたら、ヒエ粉と米粉を使ったタルトタタンの完成です。りんごの甘酸っぱさとほのかに残る果肉の食感がたまらない仕上がりとなりました。

 

米粉の代わりに全粒粉を使ってもOK!

f:id:tempota:20190919145152j:plain

米粉の代わりに全粒粉を使ってもOKです。ただし全粒粉を使う場合は、アーモンドミルクやオリーブ油の分量をやや少なめにする必要があります。個人的には「オリーブ油は大さじ2、アーモンドミルクは50cc」がおすすめです。是非一度作ってみてください。

 

www.tempotablog.work