Tempota Blog

毎週火・木・土曜日の夜8時に雑穀料理のレシピを紹介しています

【保存版】雑穀の完全ガイド【徹底解説】
【まとめ】雑穀料理のレシピ【随時更新】
【初心者向け】中長期投資の完全ガイド【株式投資】

【雑穀料理】旬の甘みをたっぷり堪能!さつまいもプリンケーキの作り方・レシピ【ヒエ粉】

f:id:tempota:20191003151141j:plain

今回はヒエ粉とさつまいもを使って、旬の甘みが詰まったさつまいもプリンケーキを作ってみました。さつまいもの優しい甘みと、クラスト生地のサクサク食感が楽しめる一品です。甘くてほろ苦いカラメルともよく合うので、是非参考にしてみてください。

 

 

材料と分量

f:id:tempota:20191003151204j:plain

 

材料と分量(15cm丸型)

カラメル

◎きび砂糖 50g

◎水 50cc

クラスト生地

◎クラッカー 70g

◎オリーブ油 30g

◎アーモンドミルク 大さじ1

◎ココアパウダー 小さじ1

プリン液

◎さつまいも 200g

◎アーモンドミルク 250cc

メープルシロップ 50g

◎ヒエ粉 大さじ3

◎バニラエッセンス 数滴

◎粉ゼラチン 7~10g

◎水 適量

 

www.tempotablog.work

 

レシピ①カラメルを作る

f:id:tempota:20191003135323j:plain

 

まず最初にきび砂糖と水をお鍋の中に入れて、中火で煮立てます。

 

f:id:tempota:20191003135336j:plain

 

沸騰してきたら弱火にして、5~10分ほど加熱します。焦げ付きやすいので、時々かき混ぜながら煮るようにしましょう。

 

f:id:tempota:20191003135350j:plain

 

これでカラメルは完成です。常温で放置しても固まりにくいので、今回は上掛けソースとして使います。

 

レシピ②クラスト生地を作る

f:id:tempota:20191003135400j:plain

 

クラスト生地作りには、ナビスコのプレミアムクラッカーがおすすめです。タルト生地を作る際にも使えるので、是非一度お試しください。

 

www.tempotablog.work

 

f:id:tempota:20191003135410j:plain

 

クラッカーを厚めのビニール袋に入れたら、麺棒で細かく砕きます。

 

f:id:tempota:20191003135423j:plain

 

細かく砕いたクラッカーをボウルに移します。そこにオリーブ油・アーモンドミルク・ココアパウダーを加えて、しっかり混ぜ合わせます。上手くまとまらない場合は、アーモンドミルクを足してもOKです。

 

f:id:tempota:20191003135435j:plain

 

綺麗に混ぜたら型の中に入れて、クラスト生地を平らにします。ゴムベラなどを使うのがおすすめです。

 

f:id:tempota:20191003135446j:plain

 

生地の形を整えたら、少しだけ冷蔵庫で冷やしておきます。その間にプリン液を作っていきましょう。

 

レシピ③プリン液を作る

f:id:tempota:20191003135458j:plain

 

さつまいもを小さく切って、水にさらします。

 

f:id:tempota:20191003135511j:plain

 

10分ほど水にさらしてアクが抜けたら、電子レンジ500~600Wで約5分温めます。

 

f:id:tempota:20191003135525j:plain

 

さつまいもをボウルに移して、スプーンやフォークなどで潰します。形が少し残ってもOKです。

 

f:id:tempota:20191003135541j:plain

 

次にアーモンドミルク・メープルシロップ・ヒエ粉を加えて、よく混ぜ合わせます。

 

f:id:tempota:20191003135555j:plain

 

綺麗に混ぜたらお鍋に移して、中火で加熱します。少しとろみがつくまで加熱するようにしてください。

 

f:id:tempota:20191003135609j:plain

 

ザルなどで漉したプリン液をボウルに入れたら、バニラエッセンスと粉ゼラチンを加えてよく混ぜます。粉ゼラチンを使うときは、水に溶かしてから電子レンジ500~600Wで15秒ほど加熱して液状にするのがポイントです。

 

f:id:tempota:20191003135621j:plain

 

型の中にプリン液を流し込みます。そして、冷蔵庫で数時間ほど冷やします。

 

f:id:tempota:20191003151221j:plain

 

通常は2時間ほどで固まりますが、粉ゼラチンの量が少ないと上手く固まらないこともあります。逆に多すぎるとういろうのような食感になってしまうので、粉ゼラチンの量は液体に対して約2.5%と覚えておくようにしましょう。

 

お皿に盛り付けたら完成!

f:id:tempota:20191003151121j:plain

 

カラメルをかけてお皿に盛り付けたら、旬の甘みが詰まったさつまいもプリンケーキの完成です。さつまいもの優しい甘みとクラスト生地のサクサク食感が楽しめる仕上がりとなりました。甘くてほろ苦いカラメルソースとも相性抜群なので、是非一度作ってみてください。

 

www.tempotablog.work