Tempota Blog

毎週火・木・土曜日にブログを更新しています

【保存版】雑穀の完全ガイド【徹底解説】
【まとめ】雑穀料理のレシピ【随時更新】
【初心者向け】中長期投資の完全ガイド【株式投資】

【雑穀料理】実りの秋を先取り!ほっこりキッシュの作り方・レシピ【もちアワ】

f:id:tempota:20191008170618j:plain

今回は秋野菜ともちアワを使って、サクサクほっこりのキッシュを作ってみました。やや薄味ですが、秋野菜の甘みともちアワの風味を存分に堪能することができる一品です。とても簡単に作れるので、是非参考にしてみてください。

 

 

具材と分量

f:id:tempota:20191008170640j:plain

 

具材と分量(2人分)

生地

◎薄力粉 240g

◎水 120cc

◎ごま油 20g

◎塩 小さじ1/2

さつまいもキッシュ

◎さつまいも 50g

◎もちアワ 45g

◎えのき 25g

◎ごま油 7g

◎塩 小さじ1/2

◎粒マスタード 小さじ2

かぼちゃキッシュ

◎かぼちゃ 50g

◎もちアワ 45g

◎えのき 25g

◎ごま油 7g

◎塩 小さじ1/2

◎カレー粉 小さじ2

 

www.tempotablog.work

www.tempotablog.work

 

レシピ①生地を作る

f:id:tempota:20191008170344j:plain

 

まず最初に薄力粉・ごま油・水・塩をボウルの中に入れて、よく混ぜ合わせます。薄力粉がダマにならないように気を付けましょう。

 

f:id:tempota:20191008170403j:plain

 

綺麗にまとまったら、生地を2つに分けます。

 

f:id:tempota:20191008170411j:plain

 

生地をタルト型に敷き詰め、フォークで全体に細かい穴をあけます。そして180℃のオーブンで10分ほど焼きます。

 

レシピ②さつまいもキッシュの下準備

f:id:tempota:20191008170421j:plain

 

今回は、チーズの代わりにもちアワを使います。まろやかな食感とコクのある味わいが魅力のもちアワは、キッシュとも相性抜群の雑穀です。

 

www.tempotablog.work

 

f:id:tempota:20191008170428j:plain

 

ごま油・粒マスタード・炊いたもちアワの半量をボウルに入れて、しっかり混ぜます。

 

f:id:tempota:20191008170445j:plain

 

輪切りしたさつまいもとえのきを加えたら、具材ともちアワを絡めるように混ぜます。さつまいもを切るときは、電子レンジ500~600Wで約1分ほど加熱してから輪切りにするのがおすすめです。

 

f:id:tempota:20191008170526j:plain

 

しっかり絡めたら、焼いておいた生地の中に具材を敷き詰めます。

 

レシピ③かぼちゃキッシュの下準備

f:id:tempota:20191008170438j:plain

 

ごま油・カレー粉・残りのもちアワをボウルの中に入れて、よく混ぜ合わせます。

 

f:id:tempota:20191008170454j:plain

 

綺麗に混ざったら5mm幅に切ったかぼちゃとえのきを加えて、さつまいもキッシュと同様に具材ともちアワを絡めるように混ぜます。かぼちゃを切る場合も、電子レンジ500~600Wで約1分ほど加熱してから切るようにしましょう。

 

f:id:tempota:20191008170536j:plain

 

生地の中に具材を敷き詰めます。これで2種類のキッシュの下準備は完成です。

 

キッシュを焼いたら完成!

f:id:tempota:20191008170552j:plain

 

160℃のオーブンで30~40分ほど焼きます。高温だと具材が焦げてしまうこともあるので、低温でじっくり焼くようにしてください。

 

f:id:tempota:20191008170629j:plain

 

食べやすい大きさに切ってお皿に盛り付けたら、ほっこりキッシュの完成です。さつまいもキッシュは、マスタードの酸味ともちアワの上品な味わいがたまらない仕上がりになっています。秋野菜の甘みとカレーのスパイスがよく合うかぼちゃキッシュも、一度食べたらクセになる一品です。

 

余った具材でおやきを作ってみた

f:id:tempota:20191008170648j:plain

生地と具材が少し余ったので、おやきも作ってみました。やや薄味なので、調味料を少し足しても良いと思います。とても簡単に作れるので、是非一度お試しください。

 

www.tempotablog.work