Tempota Blog

毎週火・木・土曜日にブログを更新しています

【保存版】雑穀の完全ガイド【徹底解説】
【まとめ】雑穀料理のレシピ【随時更新】
【初心者向け】中長期投資の完全ガイド【株式投資】

【雑穀料理】日本酒に合う秋の和食!さつまいもの味噌マヨネーズ和えの作り方・レシピ【エゴマ】

f:id:tempota:20191010190058j:plain

今回のテーマは日本酒に合う秋の和食ということで、さつまいもの味噌マヨネーズ和えのレシピを紹介していきます。生活習慣病予防に効果的なエゴマの実を使って味噌マヨネーズを作ったので、健康的な身体作りにも一役買います。もちろん日本酒とも相性抜群の料理です。是非参考にしてみてください。

 

 

具材と分量

f:id:tempota:20191010190034j:plain

 

具材と分量(2人分)

◎さつまいも 300g

◎塩 小さじ1/2

◎水 適量

■味噌マヨネーズ■

◎アーモンドミルク 50g

◎オリーブ油 100g

エゴマ 大さじ3

◎米酢 大さじ1

◎米味噌 大さじ1

マスタード 小さじ2

メープルシロップ 小さじ2

◎塩 小さじ1/2

 

www.tempotablog.work

 

レシピ①さつまいもを茹でる

f:id:tempota:20191010185851j:plain

 

半月切りにしたさつまいもを、10分ほど水にさらします。そしてお鍋の中に水・塩・さつまいもを入れて、竹串がスッと通るくらいまで中火で茹でます。

 

f:id:tempota:20191010190125j:plain

 

茹で終わったらボウルに移して、少しだけ冷ましておきます。さつまいもの粗熱を取った方が、味噌マヨネーズと絡めやすいです。

 

レシピ②味噌マヨネーズを作る

f:id:tempota:20191010185901j:plain

 

さつまいもを冷ましている間に、味噌マヨネーズを作ります。ミキサーの中にアーモンドミルク・米酢・米味噌・マスタードメープルシロップ・塩・オリーブ油の半量を入れて、よく混ぜ合わせます。

 

f:id:tempota:20191010185910j:plain

 

綺麗に混ざったら残りのオリーブ油を加えて、もう一度ミキサーでよく混ぜます。

 

f:id:tempota:20191010185923j:plain

 

エゴマの粒をフライパンで空煎りします。そのまま食べることもできますが、煎った方が香りとコクが増して美味しいです。

 

f:id:tempota:20191010185937j:plain

 

煎ったエゴマをすり鉢ですったら、さきほど作った味噌マヨネーズと混ぜます。

 

f:id:tempota:20191010185947j:plain

 

これで味噌マヨネーズは完成です。お肉料理やサラダにも使える万能調味料ですが、エゴマを煎り過ぎると栄養価が損なわれてしまいます。香ばしい匂いがしてきたら、火を止めるようにしましょう。

 

レシピ③あとは和えるだけ

f:id:tempota:20191010190009j:plain

 

冷ましておいたさつまいもに味噌マヨネーズを加えて、まんべんなく絡めます。さつまいもの形が崩れやすくなっているので、優しく混ぜるようにしてください。

 

f:id:tempota:20191010190020j:plain

 

お皿に盛り付けたら、さつまいもの味噌マヨネーズ和えの完成です。とても簡単に作れてしかも美味しいので、料理が苦手な方にもおすすめのレシピです。是非一度作ってみてください。

 

日本酒ともよく合います

f:id:tempota:20191010190045j:plain

味噌マヨネーズの酸味とさつまいもの甘みが絶妙なバランスで、つい食べ過ぎてしまう美味しさです。お子様にも喜んでもらえる料理だと思います。日本酒ともよく合う一品なので、今夜の晩酌のお供にいかがでしょうか?

 

www.tempotablog.work