Tempota Blog

毎週火・木・土曜日にブログを更新しています

【保存版】雑穀の完全ガイド【徹底解説】
【まとめ】雑穀料理のレシピ【随時更新】
【初心者向け】中長期投資の完全ガイド【株式投資】

【雑穀料理】アマランサスを使った和風クリームパスタの作り方【レシピ】

f:id:tempota:20190628200423j:plain

前回は、高キビという雑穀を使った中華風肉団子の料理レシピを紹介させていただきましたが、今回の記事ではプチプチとした食感が魅力の「アマランサス」を使った和風クリームパスタの作り方を紹介します。とてもヘルシーなので、雑穀料理に興味のある方は是非参考にしてください。

 

 

ヘルシーなのに濃厚な味わいです

f:id:tempota:20190628201706j:plain

 

ミネラルをはじめとしたさまざまな栄養素がバランス良く含まれているアマランサスは、WHOからも一目置かれている雑穀です。また、魚卵によく似た食感と味わいがあるので、パスタ料理を作る時にも大活躍します。

 

ちなみに、前回の記事では「高キビを使った中華風肉団子の作り方」を紹介させていただいたので、よかったらそちらの方もご覧になってください。

 

www.tempotablog.work

 

具材と分量

f:id:tempota:20190628200252j:plain

 

アマランサスを使った和風クリームパスタの具材や分量をまとめると、このような感じになります。

 

具材と分量(1人前)

◎アマランサス 50g

◎豆乳 130cc

◎しめじ 1/2パック

◎ほうれん草 1/4本

◎塩 少々

◎しょうゆ 大さじ1/2

◎ごま油 適量

◎タバスコ 適量

 

僕が紹介する雑穀料理は基本的に薄味のものが多いので、調味料の分量を自分好みに合わせて変えていってもOKです。

 

レシピ①アマランサスを炊く

f:id:tempota:20190628200311j:plain

 

水で洗ったアマランサスと水150ccをお鍋に入れて、中火で沸騰するまで茹でます。塩ひとつまみを入れると、美味しさがアップするのでおすすめです。あと、アマランサスの粒はとても小さいので、水で洗う時は網目の細かいザルなどを使うようにしましょう。

 

f:id:tempota:20190628200326j:plain

 

沸騰したら弱火にして、時々かき混ぜながら20分ほど煮立てます。アマランサスはクセがほとんどない雑穀ですが、煮立てすぎると独特のプチプチ食感が損なわれてしまうので注意してください。

 

f:id:tempota:20190628200338j:plain

 

水分がなくなったら火を止めて10分ほど蒸らします。ちなみに、蓋をして蒸らすとプチプチ食感がさらに引き立ちます。

 

 

レシピ②クリームソースを作る

f:id:tempota:20190628200346j:plain

 

まずは、フライパンにごま油を入れて少し温めたら、しめじとほうれん草を入れて中火で軽く炒めます。

 

f:id:tempota:20190628200354j:plain

 

ほうれん草がしんなりとしてきたら、豆乳を入れてよく混ぜ合わせていきます。クリームソースの量を多くしたい場合は、豆乳を追加してもOKです。

 

f:id:tempota:20190628200404j:plain

 

クリームソースにとろみがでてきたら、炊いておいたアマランサスを入れます。また、塩としょうゆを加えて下味をつけていきます。今回は、たらこの代用品としてアマランサスを使っているので、塩の量を通常よりも少し多めにするとちょうど良いと思います。

 

レシピ③パスタと絡めたら完成!

f:id:tempota:20190628200414j:plain

 

パスタとクリームソースを絡めたら、和風クリームパスタの完成です。ちなみに、タバスコを適量加えると、明太子パスタのような味わいになるので、是非お試しください。

 

雑穀料理のちょっとした豆知識

f:id:tempota:20190628200442j:plain

今回は豆乳を使ってクリームソースを作りましたが、豆の臭いが気になる方は牛乳を使ってもOKです。あと、バジルペーストと豆乳を混ぜたら「ジェノベーゼのパスタ」に早変わりします。

 

次の記事では、キヌアを使った雑穀料理のレシピを紹介しようと思っています。最後までお付き合いしていただき、ありがとうございました。

 

www.tempotablog.work