Tempota Blog

毎週火・木・土曜日にブログを更新しています

【保存版】雑穀の完全ガイド【徹底解説】
【まとめ】雑穀料理のレシピ【随時更新】
【初心者向け】中長期投資の完全ガイド【株式投資】

【雑穀料理】イギリスの伝統菓子を自宅で手軽に!ヴィーガンスコーンの作り方・レシピ【ヒエ粉】

f:id:tempota:20191031162812j:plain

今回はイギリスの伝統菓子としても有名なスコーンを、ヴィーガン風にアレンジしてみました。全粒粉の香ばしさとヒエ粉のマイルドな風味が味わえる一品です。優しい甘みが楽しめる柿ジャムのレシピも紹介しているので、是非参考にしてみてください。

 

 

材料と分量

f:id:tempota:20191031162829j:plain

 

材料と分量(2~3人分)

柿ジャム

◎柿 2個

◎きび砂糖 10g

◎レモン汁 大さじ1

◎水 50cc

スコーン生地

◎全粒粉 200g

◎ヒエ粉 100g

◎アーモンドミルク 150cc

◎なたね油 60g

◎きび砂糖 30g

◎ベーキングパウダー 大さじ1

 

www.tempotablog.work

 

レシピ①柿ジャムを作る

f:id:tempota:20191031162932j:plain

 

まず最初に小さく切った柿・水・きび砂糖をお鍋の中に入れてよく混ぜます。そして、沸騰するまで中火で加熱します。

 

f:id:tempota:20191031162940j:plain

 

沸騰したら弱火にして、汁気がなくなるまでさらに加熱します。焦げ付かないようによく混ぜながら加熱してください。

 

f:id:tempota:20191031162744j:plain

 

汁気がなくなったら火を止めます。そこにレモン汁を加えて軽く混ぜます。

 

f:id:tempota:20191031162753j:plain

 

冷蔵庫で1時間ほど冷やしたら柿ジャムの完成です。きび砂糖の量を少なめにしてあるので、柿のさっぱりとした甘みが楽しめます。トーストに塗っても美味しくいただける一品です。

 

レシピ②スコーン生地を作る

f:id:tempota:20191031162842j:plain

 

ボウルの中になたね油とアーモンドミルクを入れて軽く混ぜます。

 

f:id:tempota:20191031162850j:plain

 

その中に全粒粉・ヒエ粉・きび砂糖・ベーキングパウダーを入れて、よく混ぜ合わせます。スコーン生地にしっかり甘みをつけたい場合は、きび砂糖を20gほど足してみてください。

 

f:id:tempota:20191031162905j:plain

 

スコーン生地をまとめたら、好きな形に整えます。

 

f:id:tempota:20191031162914j:plain

 

今回は8等分に切り分けて、食べやすい大きさにしてみました。あとは高温でサクサクに焼き上げるだけです。

 

レシピ③高温で焼いたら完成!

f:id:tempota:20191031162924j:plain

 

切り分けたスコーン生地を、200℃のオーブントースターで20分ほど焼きます。予熱をしないとスコーン生地が生焼けになることもあるので、200℃前後で5~10分を目安に予熱するようにしましょう。

 

f:id:tempota:20191031162802j:plain

 

お皿に盛り付けたらヴィーガンスコーンの完成です。全粒粉の香ばしさが楽しめる仕上がりとなりました。優しい甘みとほのかな酸味が味わえる柿ジャムとも相性抜群です。紅茶のお供にもぴったりなので、是非一度作ってみてください。

 

柿ジャムの保存期間

f:id:tempota:20191031162836j:plain

今回作った柿ジャムは砂糖の量を少なめにしてあるので、しっかり密封して冷蔵庫で保存しても1~2週間程度しか持ちません。チャツネの代わりとしても使えますが、なるべく早めに使い切るようにしましょう。次回からは11月の食材と雑穀を組み合わせて、いろいろな料理を作っていこうと思います。

 

www.tempotablog.work

www.tempotablog.work