Tempota Blog

毎週火・木・土曜日にブログを更新しています

【保存版】雑穀の完全ガイド【徹底解説】
【まとめ】雑穀料理のレシピ【随時更新】
【初心者向け】中長期投資の完全ガイド【株式投資】

【雑穀料理】独特の味わいがクセになる!ごぼうチーズペンネの作り方・レシピ【うるちヒエ】

f:id:tempota:20191109173913j:plain

今回は、独特の味わいがクセになるごぼうチーズペンネのレシピを紹介します。雑穀チーズ独特の味わいとごぼうの歯ごたえがたまらない一品です。黒こしょうのアクセントが、濃厚なコクをさらに引き立たせる仕上がりとなっています。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

具材と分量

f:id:tempota:20191109173926j:plain

 

具材と分量(2人分)

ごぼう 100g

ペンネ 100g

◎オリーブ油 大さじ1

◎塩 少々

◎黒こしょう お好み

雑穀チーズ

◎豆乳 250cc

◎うるちヒエ 30g

◎梅酢 30cc

マスタード 小さじ1

メープルシロップ 小さじ1

◎オリーブ油 大さじ1

 

www.tempotablog.work

www.tempotablog.work

 

レシピ①雑穀チーズを作る

f:id:tempota:20191109173729j:plain

 

お鍋の中に豆乳を入れて、沸騰するまで中火で温めます。

 

f:id:tempota:20191109173738j:plain

 

沸騰してきたら火を止めます。そして梅酢と炊いたうるちヒエを加えたら、豆乳が分離するまで混ぜ合わせます。普段はもちアワを使いますが、クリーミーな雑穀チーズを作る時はうるちヒエの方が上手く仕上がります。

 

f:id:tempota:20191109173746j:plain

 

5~10分ほど置いて分離してきたら、ボウルの上にザルをセットしてガーゼを敷きます。そこに豆乳を流し入れて、余分な水分を切っていきます。ある程度水分が切れたら、ガーゼの四隅を包んでしっかり水切りするようにしましょう。

 

f:id:tempota:20191109173758j:plain

 

ボウルに移したら、マスタードメープルシロップ・オリーブ油を加えてよく混ぜます。

 

f:id:tempota:20191109173812j:plain

 

これで雑穀チーズは完成です。うるちヒエのつぶつぶ食感とクリーミーで酸味のある味わいがクセになります。サラダに和えるだけでも美味しいので、ぜひ一度作ってみてください。

 

レシピ②ごぼうペンネの下準備

f:id:tempota:20191109173821j:plain

 

ごぼうささがきにして5分ほど水にさらします。ささがきにする時は、縦に数本の切れ目を軽く入れて鉛筆を削るような感覚で切るのがポイントです。

 

f:id:tempota:20191109173832j:plain

 

お鍋で湯を沸かして、その中にペンネごぼうを加えます。ごぼうの茹で時間は約3分ほどです。ペンネ表記時間より1分ほど短めに茹でるようにしてください。

 

f:id:tempota:20191109173841j:plain

 

フライパンでオリーブ油を熱します。そこに水気を切ったペンネごぼうを入れて、中火で油が馴染むまで炒めます。火加減に注意しながら、塩と黒こしょうで味を調えていきましょう。

 

レシピ③あとは絡めるだけ

f:id:tempota:20191109173851j:plain

 

炒め終わったらボウルに移して、雑穀チーズを絡めます。

 

f:id:tempota:20191109173900j:plain

 

お皿に盛り付けて黒こしょうを少しかけたら、ごぼうチーズペンネの完成です。雑穀チーズ独特の味わいとごぼうの歯ごたえがたまらない仕上がりとなりました。濃厚なコクが、黒こしょうのアクセントによってさらに引き立ちます。ぜひ一度お試しください。

 

来週の食材はれんこんです

f:id:tempota:20191109173935j:plain

来週の食材は、美肌効果や高血圧予防効果などが期待できるれんこんです。雑穀と相性抜群の食材でさまざまな料理に使うことができます。来週も幸せいっぱいになれるレシピを紹介していこうと思います。

 

www.tempotablog.work

www.tempotablog.work