Tempota Blog

毎週火・木・土曜日の夜に雑穀料理のレシピを紹介しています

【保存版】雑穀の完全ガイド【徹底解説】
【まとめ】雑穀料理のレシピ【随時更新】
【初心者向け】中長期投資の完全ガイド【株式投資】

【雑穀料理】柔らかい白身魚のような美味しさ!れんこんフィッシュ風フライの作り方・レシピ【うるちヒエ】

f:id:tempota:20191116152824j:plain

今回は、れんこんとうるちヒエを使ったフィッシュ風フライのレシピを紹介します。柔らかい白身魚のような食感と味わいが楽しめる一品です。甘酸っぱい特製ソースとも相性抜群で、れんこんやうるちヒエの美味しさがさらに引き立ちます。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

具材と分量

f:id:tempota:20191116152835j:plain

 

具材と分量(2~3人分)

◎れんこん 80g

◎うるちヒエ 40g

◎塩 ひとつまみ

◎薄力粉 30g

◎水 60cc

◎パン粉 50g

◎焼き海苔 3~4枚

◎なたね油 適量(少なめ)

特製ソース

◎りんご 100g

◎にんじん 100g

◎米酢 30g

◎しょうゆ 20g

◎オリーブ油 50g

 

www.tempotablog.work

 

レシピ①特製ソースを作る

f:id:tempota:20191116152908j:plain

 

まず最初に特製ソースを作ります。ミキサーの中に皮をむいて適当な大きさに切ったりんごとにんじんを入れます。そこにしょうゆ・米酢・オリーブ油を加えて、よく撹拌させます。

 

f:id:tempota:20191116152921j:plain

 

あっという間に特製ソースの完成です。揚げ物と相性抜群のソースですが、甘酸っぱいのでサラダにかけても美味しいです。

 

レシピ②具材の下準備

f:id:tempota:20191116152931j:plain

 

炊いたうるちヒエ・皮をむいてすりおろしたれんこん・塩をボウルの中に入れて、粘り気が出てくるまでよく混ぜ合わせます。普段は塩ひとつまみを加えてうるちヒエを炊きますが、塩気が強くなってしまうので今回は塩を入れずに炊きました。

 

f:id:tempota:20191116152942j:plain

 

焼き海苔の上に、さきほど混ぜ合わせた具材をのせて伸ばします。焼き海苔を使うことで、より白身魚のような味わいに近づきます。

 

レシピ③衣をつけて揚げる

f:id:tempota:20191116152953j:plain

 

具材に水で溶いた薄力粉とパン粉をつけます。

 

f:id:tempota:20191116153006j:plain

 

お鍋でなたね油を熱したら、高温で揚げ焼きにします。

 

f:id:tempota:20191116153016j:plain

 

焼き色がついたら裏返します。焦げやすいので火加減には十分注意してください。

 

f:id:tempota:20191116152846j:plain

 

お皿に盛り付けて特製ソースをかけたら、れんこんフィッシュ風フライの完成です。サクふわ食感と焼き海苔の風味が食欲をそそります。甘酸っぱい特製ソースともよく合う料理です。

 

まるで白身魚のような味わい!

f:id:tempota:20191116152856j:plain

うるちヒエの食感や風味は白身魚とよく似ています。揚げ物にするとフィッシュフライそっくりの味わいになるので、バンズに挟んでバーガーにしても美味しくいただけます。雑穀料理の中でも特にお手軽な一品です。ぜひ一度作ってみてください。

 

www.tempotablog.work

www.tempotablog.work