Tempota Blog

毎週火・木・土曜日の夜に雑穀料理のレシピを紹介しています

【保存版】雑穀の完全ガイド【徹底解説】
【まとめ】雑穀料理のレシピ【随時更新】
【初心者向け】中長期投資の完全ガイド【株式投資】

【雑穀料理】新感覚の長芋ソースが決め手!ヴィーガン風オムライスの作り方・レシピ【もちキビ】

f:id:tempota:20191123164513j:plain

長芋ともちキビを使ったヴィーガン風オムライスのレシピを紹介します。もちキビの食感と卵のような味わいが楽しめる一品です。コクのある長芋ソースがもちキビ特有の苦味を和らげてくれるので、キビ系の雑穀が苦手な方でも美味しくいただけます。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

具材と分量

f:id:tempota:20191123164538j:plain

 

具材と分量(2人分)

◎もちキビ 100g

◎玉ねぎ 80g

◎塩 少々

◎黒こしょう 少々

◎トマトケチャップ 大さじ4

◎ごま油 適量

◎ご飯 300g

◎乾燥バジル 少々

長芋ソース

◎長芋 30g

◎ココナッツオイル 20g

◎豆乳 200cc

◎塩 少々

◎黒こしょう 少々

◎顆粒コンソメ 小さじ1

 

www.tempotablog.work

www.tempotablog.work

 

レシピ①長芋ソースを作る

f:id:tempota:20191123164302j:plain

 

今回は香り豊かなココナッツオイルを使って長芋ソースを作ります。ココナッツオイルには中鎖脂肪酸が多く含まれており、ダイエットにも効果があります。甘い香りが特徴で、オムライスのソース作りにぴったりのオイルです。

 

f:id:tempota:20191123164310j:plain

 

ココナッツオイルと皮をむいてすりおろした長芋をボウルの中に入れて、軽く混ぜ合わせます。長芋がどうしても苦手な方は同量の薄力粉を使ってみてください。

 

f:id:tempota:20191123164320j:plain

 

ある程度混ぜたら、塩・黒こしょう・顆粒コンソメを加えます。そして豆乳を少しずつ入れながらよく混ぜます。

 

f:id:tempota:20191123164328j:plain

 

お皿に移して電子レンジ500~600Wで約2分ほど温めます。

 

f:id:tempota:20191123164337j:plain

 

温めた長芋ソースをしっかり混ぜます。この作業を少しとろみがつくまで繰り返してください。電子レンジの機種などによって異なってきますが、3~4回ほど繰り返すと少しとろみがついてくると思います。

 

f:id:tempota:20191123164345j:plain

 

これで長芋ソースは完成です。このままスープとして飲んでも美味しい一品です。

 

レシピ②ケチャップライスを作る

f:id:tempota:20191123164358j:plain

 

フライパンでごま油を熱したら、みじん切りした玉ねぎ中火で炒めます。

 

f:id:tempota:20191123164414j:plain

 

玉ねぎに焼き色がついたら、トマトケチャップを加えてよく混ぜます。

 

f:id:tempota:20191123164425j:plain

 

ご飯・塩・黒こしょうを入れて、味を調えながらさらに炒めます。

 

f:id:tempota:20191123164437j:plain

 

綺麗に混ざったら火を止めて、お皿に盛り付けます。

 

レシピ③もちキビを卵の代わりにする

f:id:tempota:20191123164446j:plain

 

フライパンと少量のごま油を十分に温めたら、卵の代わりに炊いたもちキビを入れます。フライパンをゆすりながら中火で焼くのがポイントです。

 

f:id:tempota:20191123164455j:plain

 

炊いたもちキビがふつふつとしてくるまで焼くようにしましょう。

 

f:id:tempota:20191123164504j:plain

 

軽く焼いたもちキビをケチャップライスにかけます。焼かずにかけても良いですが、少し焼いた方がより卵のような味わいを楽しむことができます。

 

長芋ソースをたっぷりかけたら完成!

f:id:tempota:20191123164522j:plain

長芋ソースと乾燥バジルをかけたら、ヴィーガン風オムライスの完成です。優しい甘みとコクのある長芋ソースがもちキビ特有の苦味を和らげてくれるので、キビ系の雑穀が苦手な方でも美味しくいただけます。もちキビのモチモチ食感もクセになる一品です。ぜひ一度作ってみてください。

 

www.tempotablog.work

www.tempotablog.work