Tempota Blog

毎週火・木・土曜日の夜8時に雑穀料理のレシピを紹介しています

【保存版】雑穀の完全ガイド【徹底解説】
【まとめ】雑穀料理のレシピ【随時更新】
【初心者向け】中長期投資の完全ガイド【株式投資】

【雑穀料理】自宅で簡単におしゃれスイーツ!豆腐チーズケーキの作り方・レシピ【大豆】

f:id:tempota:20191205153946j:plain

今回は、豆腐を使ったおしゃれなチーズケーキの作り方を紹介します。豆腐の甘みとインスタントコーヒーの苦味が絶妙な一品です。白味噌を使うことで、チーズケーキのようなコクが楽しめます。自宅で簡単に作れる雑穀スイーツなので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

材料と分量

f:id:tempota:20191205153911j:plain

 

材料と分量(15cm丸型)

クラスト生地

◎無糖クラッカー 100g

◎生くるみ 40g

◎ココナッツオイル 50g

◎きび砂糖 5g

フィリング

◎木綿豆腐 300g

◎アーモンドミルク 200cc

◎きび砂糖 50g

◎レモン汁 大さじ1

◎バニラエッセンス 2~3滴

白味噌 大さじ1

◎インスタントコーヒー 大さじ2

◎粉ゼラチン 10g

◎水 50cc

 

www.tempotablog.work

www.tempotablog.work

 

レシピ①クラスト生地を作る

f:id:tempota:20191205153805j:plain

 

まず最初に無糖クラッカーと生くるみを厚めのビニール袋に入れて、麺棒などで細かく砕きます。

 

f:id:tempota:20191205153814j:plain

 

細かく砕いてボウルに移したら、きび砂糖と溶かしたココナッツオイルを加えてよく混ぜ合わせます。ココナッツオイルがない場合はオリーブ油や菜種油でもOKです。

 

f:id:tempota:20191205153824j:plain

 

綺麗に混ぜたら型の中に入れて、クラスト生地を平らにします。そして、冷蔵庫で30分ほど冷やします。クラスト生地を平らにする時は、コップの底やゴムベラなどを使うのがおすすめです。

 

レシピ②フィリングを作る

f:id:tempota:20191205153834j:plain

 

木綿豆腐・アーモンドミルク・きび砂糖・レモン汁・バニラエッセンス・白味噌をミキサーの中に入れて撹拌します。そこに水で溶かした粉ゼラチンを入れたら、もう一度ミキサーで混ぜ合わせます。粉ゼラチンを使う時は、水でふやかして電子レンジ500~600Wで30秒ほど温めてから入れるようにしましょう。

 

f:id:tempota:20191205153843j:plain

 

フィリングを2つに分けて、片方にインスタントコーヒーを加えます。コーヒーが苦手な方はココアや抹茶を使ってみてください。

 

f:id:tempota:20191205153851j:plain

 

冷やしておいたクラスト生地の上にフィリングを流し入れます。お玉で2つのフィリングを交互に入れるのがポイントです。

 

冷やしたら完成!

f:id:tempota:20191205153929j:plain

冷蔵庫で2時間ほど冷やしてお皿に盛り付けたら、おしゃれな豆腐チーズケーキの完成です。豆腐の甘みとインスタントコーヒーのほのかな苦味が絶妙な仕上がりとなりました。白味噌を使うことで、チーズケーキのようなコクを楽しむことができます。自宅で簡単に作れる雑穀スイーツなので、ぜひ一度お試しください。

 

www.tempotablog.work

www.tempotablog.work