Tempota Blog

毎週火・木・土曜日の夜8時に雑穀料理のレシピを紹介しています

【雑穀料理】フランス生まれのおしゃれなスイーツ!りんごたっぷりタルトタタンの作り方・レシピ【全粒粉】

f:id:tempota:20191226130131j:plain

今回は、雑穀スイーツ風にアレンジしたタルトタタンのレシピを紹介します。おしゃれな見た目とりんごたっぷりのフィリングが楽しめます。動物性食品を一切使っていないので、ヴィーガン生活をしている方にもおすすめのレシピです。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

材料と分量

f:id:tempota:20191226130121j:plain

 

材料と分量(15cm丸型)

タルト生地

◎全粒粉または薄力粉 170g

メープルシロップ 50g

◎菜種油 50g

フィリング

◎りんご 3個(800g)

◎ココナッツオイル 20g

◎きび砂糖 100g

◎水 大さじ1

 

www.tempotablog.work

www.tempotablog.work

 

レシピ①フィリングを作る

f:id:tempota:20191226125943j:plain

 

今回は酸味と甘味のバランスが絶妙なサンふじという品種のりんごを使って、おしゃれなタルトタタンを作ります。サンふじがない場合は紅玉というりんごを使ってもOKです。

 

f:id:tempota:20191226125952j:plain

 

まず最初にりんごの皮をむいて4等分します。そして、火が通りやすいようにそれぞれを半分に切り分けます。

 

f:id:tempota:20191226130005j:plain

 

大きめのお鍋の中にココナッツオイル・きび砂糖・水を入れて、よく混ぜ合わせながら弱火で煮立てます。りんごの水分が出るので、水の分量は少なめにしておきましょう。

 

f:id:tempota:20191226130014j:plain

 

煮立ってきたらりんごを加えて、キャラメル色になるまで煮ます。

 

f:id:tempota:20191226130027j:plain

 

水分が少なくなって、りんごがキャラメル色になったら火を止めます。

 

f:id:tempota:20191226130037j:plain

 

粗熱をとったら型に綺麗に並べます。りんごを隙間なく並べるのがポイントです。

 

レシピ②タルト生地を作る

f:id:tempota:20191226130049j:plain

 

ボウルの中にタルト生地の材料を全て入れて、しっかり混ぜ合わせます。上手くまとまらない場合は、アーモンドミルクや豆乳などを少しずつ加えながら混ぜ合わせてみてください。

 

f:id:tempota:20191226130059j:plain

 

型のサイズと同じくらいに成型したら、フィリングの上にのせます。そして、数ヶ所小さい穴を開けます。あとはオーブントースターで焼くだけです。

 

レシピ③2回に分けて焼く

f:id:tempota:20191226130110j:plain

 

予熱した200~210℃のオーブントースターで15分ほど焼きます。そして180℃でさらに15分焼きます。2回に分けて焼くことで、しっとりサクサクのタルト生地になります。

 

f:id:tempota:20191226130141j:plain

 

粗熱をとってお皿に盛り付けたら、りんごたっぷりタルトタタンの完成です。おしゃれな見た目と甘酸っぱいりんごのフィリングが楽しめます。タルト生地のしっとりサクサク食感もたまらない一品です。

 

お酒とも合う雑穀スイーツです

f:id:tempota:20191226130150j:plain

紅茶と相性抜群の雑穀スイーツですが、洋酒ともよく合います。動物性食品を一切使っていないので、ヴィーガン生活をしている方にもおすすめのレシピです。ぜひ一度作ってみてください。

 

www.tempotablog.work

www.tempotablog.work