Tempota Blog

毎週火・木・土曜日の夜8時に雑穀料理のレシピを紹介しています

【保存版】雑穀の完全ガイド【徹底解説】
【まとめ】雑穀料理のレシピ【随時更新】
【初心者向け】中長期投資の完全ガイド【株式投資】

【雑穀料理】お正月の箸休めにぴったり!和モダンプリンの作り方・レシピ【エゴマ・大豆】

f:id:tempota:20200102124459j:plain

今回は、とろけるような口当たりとエゴマの風味が楽しめる「和モダンプリン」のレシピを紹介します。甘さ控えめでお正月の箸休めにもぴったりの雑穀スイーツです。料理が苦手な方にもおすすめの雑穀スイーツなので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

材料と分量

f:id:tempota:20200102124443j:plain

 

材料と分量(4~5人分)

エゴマペースト

エゴマ 30g

◎菜種油 大さじ3

プリン液

◎絹ごし豆腐 300g

◎アーモンドミルク 170cc

エゴマペースト 30g

◎きび砂糖 30g

◎粉ゼラチン 10g

◎水 50cc

 

www.tempotablog.work

www.tempotablog.work

 

レシピ①エゴマペーストを作る

f:id:tempota:20200102105236j:plain

 

まず最初にエゴマをすり鉢に入れて擦っていきます。飛び散りやすいので、丁寧にエゴマを擦るようにしましょう。

 

f:id:tempota:20200102105246j:plain

 

擦っていくと、エゴマだんだんしっとりしてきます。すりエゴマとして使う場合は、使いたい分を取り分けてもOKです。

 

f:id:tempota:20200102105306j:plain

 

エゴマがまとまってきたら菜種油を少しずつ入れながら、さらに擦ります。今回はエゴマペーストをとろっとさせたかったので、菜種油を大さじ3ほど加えました。

 

f:id:tempota:20200102105314j:plain

 

これでエゴマペーストは完成です。和え物や担々麺など、いろいろな料理に使えます。瓶詰めにして冷蔵保存することもできますが、開封後は常温で日の当たらない涼しい場所での保存がおすすめです。

 

レシピ②プリン液を作る

f:id:tempota:20200102105322j:plain

 

水切りした絹ごし豆腐・アーモンドミルク・きび砂糖をミキサーの中に入れて、しっかり撹拌します。そこに水で溶かした粉ゼラチンを加えて、さらに混ぜ合わせます。粉ゼラチンを使う時は、水でふやかして電子レンジ500~600Wで30秒ほど温めてから入れるようにしましょう。

 

f:id:tempota:20200102105330j:plain

 

ボウルの中にプリン液の半量を漉しながら入れます。そしてエゴマペーストを加えたら、手早く混ぜ合わせます。

 

レシピ③冷やし固める

f:id:tempota:20200102105337j:plain

 

綺麗に混ざったら器に移し入れて、冷蔵庫で1~2時間ほど冷やします。

 

f:id:tempota:20200102124507j:plain

 

お皿に盛り付けてメープルシロップを少しかけたら、和モダンプリンの完成です。とろけるような口当たりとエゴマの風味が楽しめます。甘さ控えめなので、お正月の箸休めにもぴったりの雑穀スイーツです。

 

余った材料は抹茶プリンに

f:id:tempota:20200102124516j:plain

余った材料を使って抹茶プリンも作ってみました。黒蜜などをかけても美味しくいただけます。料理が苦手な方にもおすすめの一品です。ぜひ一度作ってみてください。

 

www.tempotablog.work

www.tempotablog.work