【初心者向け】中長期投資の完全ガイド【株式投資】
【まとめ】中長期投資の銘柄選び【随時更新】
【保存版】雑穀の完全ガイド【徹底解説】
【まとめ】雑穀料理のレシピ【随時更新】

【雑穀料理】キヌアを使ったクリームリゾットの作り方【レシピ】

f:id:tempota:20190702125512j:plain

前回は、うるちヒエという雑穀を使った甘酒の料理レシピを紹介させていただきましたが、今回の記事では「キヌア」を使ったクリームリゾットの作り方を紹介します。残り物だけで簡単に作ることができる節約料理なので、是非参考にしてください。

 

 

残り物がおしゃれな料理に大変身

f:id:tempota:20190702132115j:plain

 

以前投稿させていただいた「和風クリームパスタの作り方」という記事では、アマランサス・豆乳・しめじなどを使って、ヘルシーなのに濃厚な味わいが楽しめるパスタのレシピを紹介しました。

 

今回は、その時の残り物とキヌアを使って、おしゃれなリゾットに大変身させてみたので、これまで紹介した雑穀料理の中でも特にお財布に優しい一品となっています。サクッと作れて腹持ちも良いので、時短レシピに興味がある方も、是非ご覧になってください。

 

www.tempotablog.work

 

具材と分量

f:id:tempota:20190702125347j:plain

 

キヌアを使ったクリームリゾットの具材や分量をまとめると、このような感じになります。

 

具材と分量(2人前)

◎キヌア 30g

◎白米 100g

◎豆乳 150cc

◎しめじ 40g

◎塩 少々

◎こしょう 少々

◎オリーブオイル 小さじ1

◎バジル 適量

◎粉チーズ お好み

 

やや薄味の仕上がりとなっているので、味を濃くしたい場合は、調味料を少し多めにかけたり、コンソメやスープの素などを加えてもOKです。

 

レシピ①まずはキヌアを炊く

f:id:tempota:20190702125400j:plain

 

水で軽く洗ったキヌアと水100~150ccをお鍋に入れて、沸騰するまで中火で煮ていきます。沸騰する前に塩ひとつまみを入れると、旨味がグッと引き立つのでおすすめです。

 

f:id:tempota:20190702125415j:plain

 

沸騰したら弱火にして、時々かき混ぜながら20分ほど煮立てます。また、水分が少なくなって鍋底が見えるようになったら火を止め、蓋をしながら10分ほど蒸らします。

 

レシピ②ホワイトソースを作る

f:id:tempota:20190702125428j:plain

 

次は、ホワイトソース作りです。まずは、フライパンにオリーブオイルを熱して、しめじに少し焼き色が付くまで、中火で軽く炒めます。

 

f:id:tempota:20190702125437j:plain

 

しめじに軽く焼き色が付いたら豆乳を入れて、とろみが出るまでよく混ぜ合わせます。ホワイトソースの量を多くしたい場合は、豆乳を追加してもOKです。また、塩やこしょうを少しずつ加えて、味をととのえていきます。

 

 

レシピ③ご飯とキヌアを混ぜたら完成!

f:id:tempota:20190702125445j:plain

 

ホワイトソースにとろみが出てきたら、ご飯と炊いておいたキヌアを入れて、大きく混ぜます。最後にキヌアを入れることで、プチプチとした食感を残すことができます。

 

f:id:tempota:20190702125522j:plain

 

お皿に盛り付けてバジルを適量かけたら、おしゃれなクリームリゾットの完成です。

 

粉チーズの量はお好みで

f:id:tempota:20190702125538j:plain

粉チーズをひと振りするだけで、さらに風味やコクがアップします。また、キヌアという雑穀は、ソースやドレッシングを作る時にも大活躍するので、機会があればジェノベーゼソースタルタルドレッシングのレシピを紹介しようと思います。最後までお付き合いしていただき、ありがとうございました。

 

www.tempotablog.work